大阪を中心に、さまざまなジャンルで活躍する女性を応援!
見る人も楽しめる情報満載のホームページです。なにかヒントになること見つかるかも♪

あーっっ
今月は、バタバタしていたら、
あっという間に、こんなに過ぎてた

毎度お馴染みの
笑って生きる!!
うっとここんなん。です!

久々に説明しますが
うっとここんなん

関西弁、わたしのところは、こんな感じです=うっとここんなん。

はい、今月のうっとここんなんは
うっとこの次男をお産した時の話しにします。

なんでかって言うと
『13年前の9月、次男を産みました!!』
記念すべき月なんで!

ってか、次男のお産がそれだけ
思い出深かったゆうことです~

では、では本編

どなた様も笑って過ごせば
心に明るい灯ともるで~

笑って生きる!
うっとここんなん!!

★★★★★★★

前置きに書きましたが
9月はうちの次男の生まれ月です

よく、9月生まれ言うたら
下世話な人が
『逆算したら、妊娠したの12月よね?クリスマスあたり?盛り上がっちゃった?』とか、言うてきます。

知らんがな!! 笑
ふつう、盛り上がるやろが、クリスマス~
しんみりしてたら寂しいやんか!

で、まぁ、クリスマスベビーなんかどうかは、知りませんが 笑

9月生まれの次男くん

長男との、年の差は4つです

うちは、子宮の位置が悪く妊娠しにくいみたいで
長男を授かるにも5年くらいかかったんで

まぁ、一人授かっただけでも良かったかなぁ、、、と、ぼんやり思っていたときの妊娠だったので

『お!?』で、できちゃった!!
(;゚д゚)と、ちょっと、驚いたりしました。

長男のときも、そうでしたが
つわりがひどく、、、

わたしは、鼻が良いほうなんで
とにかく、ありとあらゆるものの匂いが駄目になりました

オーソドックスなご飯炊ける匂いにも、もちろん、オエーっとなり

旦那さんの靴下の匂いにオエー

長男とお絵かきしては
クレパスの油臭でオエー

飼っている猫がウンチして
オエー

とにかく、吐き気、吐く吐くの
何ヶ月間かを耐え抜き

ようやく、落ち着いてきた
安定期、、、

次男を産んだ産院は
うちらの地元じゃ、ちょっと有名なセレブなラグジュアリー産院でしたのよ
オホホホホ

ハイヒールモモコさんなど、有名人が出産しはった産院。

知ってる人は知ってるよね~(^^)

これが、うちから10分のとこにあるんだもん。

嫁、ワガママを言いました
はい、駄々っ子になりました

だって、お産なんて、もう、何回もやらないかもだし!!

すっごく大仕事じゃない~!!
ちょっとくらい、夢をみてもいいやんかっ((((*゜▽゜*))))

うん、高いよ、出産費用
でも、いいじゃん!!
これに、お金をかけたって!!

、、、で、根負けした旦那さんの承諾のもと、晴れてラグジュアリー産院での出産決定です(^^)



テレビで紹介されたこともあるみたいやし、ご存知の方も多いでしょうが、ラグジュアリー産院がどんなんかって~と

産院のすぐとなりにログハウスがあって、診察の待ち時間など、ログハウスで過ごせます~

香しい木の香りを嗅ぎながら、ロッキングチェアにゆらゆらされながら~ゆっくり本読んだり、お茶飲んで待てるのね

人気あるから、待ち時間は、めちゃくちゃ長い。けど、毎回、ロッキングチェアが楽しみだった(^^)

他にも、とんでもラグジュアリーやってん。例えば、出産後、入院中にフランス料理が食べられる!!

などなど、また、この話は追々、、、

★★★★★★★

何回目かの、診察のときに
無痛分娩の話を聞いた


硬膜外麻酔というのをしてもらうと
あの、陣痛の酷い痛みは和らぎ

痛さで悲鳴あげながらのお産にはならないらしい

やんわりした痛みだから、自分をしっかり保ちつつ
喜びの気持ちいっぱいで落ち着いて
赤ちゃんを生み出せるよ!
と、先生、、、


へぇ、、、と、話を聞きながら

私は思った、長男のときは普通に陣痛が来て、乗り切って出産、、、

だから、陣痛の痛みやピーク時、どうなるかは、経験済み

だったら、無痛分娩ってのが
どんなふうに感じるのかを
経験してみたい!!

と、痛いのが嫌だ!とかよりも
無痛分娩なる未知のことを知りたい欲がムクムク湧いてきたのだった

帰宅して、旦那さんに
またまた、おねだりの嫁

うん、無痛分娩したら、やはり、それだけ出産費用も高くなるしね

旦那さん『ちょっとでも、痛くなくなるなら、それに越したことない』と、意外にすんなり、お許しが出た。

あ、そう言えば
長男のときは、痛い痛い痛い痛い痛い(+。+)言いまくって

旦那さんには、腰さすってもろても
手を握ってもろても
なぜか、腹がたち

『ちがう!そんなさすり方ちがう!!もうっっ!!』と、わめき散らす嫁。


旦那さん、なんか、たまらなくなったんか、かわいそうに思ってくれたか、はたまた悔し涙か途中で涙ぐんではったわ (´`:)


それでも、いやいや、、、こっちが泣きたいわ!泣くなっっ!!
イライラ~っっイライラ~っっ

申し訳なく、八つ当たりしまくったからな、、、(^◇^;)

旦那さんももう、あんなん懲り懲りやろう

ごめんなさいm(_ _)m
今更ながらに謝る。笑。


まぁ、それほどまでに苦しい時間が長いよね、お産。



無痛分娩したい旨も産院に伝え

今回は、どんな、お産になるんだろって期待と不安を胸に
妊婦期を過ごした

そして、時は流れ~
やってきましたXデー

その日は、旦那さんがちょうど
休みの日

これ、おもしろいよ~
長男の時も旦那さん休みの日
次男の時も、、、

妊娠期間中、ずっと、赤ちゃんにお願いしてた

『お母さん、一人だと、いろいろ大変だから、お父さんのおるときに出て来てね、お願いね』って

わたしのお願いに応えてくれたんだと思っています。
ほんと、感謝感謝です(^^)


その日、9月○日は
旦那さんとランチを食べて

『わたし、ちょっと昼寝するわ』と、横になったら

∑(OωO; )わ!!

いきなり、破水した!

しかも、チョロっとじゃない
いきなり、バシャ~的な

お産は、なにも、陣痛からくるとは限らない、破水からはじまることもある、、、

これは、知識としては知ってるけど
実際、自分の身に起きると
けっこうビックリする

破水した私を見て
旦那さん動転

どうしたらいい?
どうしたらいい?
Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)って、なってるから

とりあえず、タクシー呼んでって 言ったら

一目散に飛び出して行っちゃった 

おーいっ(^◇^;)

電話して呼んでくれりゃいいのに


わたし、羊水が出てくるから
ぼちぼち動きながら
入院の準備してあるカバンを出したり

とりあえず、服、着替えよ、、、って、やってたら

旦那さんが戻ってきて
『タクシー呼んできたから!!』
って言うなり

荷物を抱えて
また、飛び出して行っちゃった

おーい
嫁も連れてかんか~い

あぁ、もう、しゃあないな、、、

わたし、着替えは諦めて、戸締まりをして、
とりあえず、バスタオルを何枚か持ってタクシーが待つマンションの下へ急いだ。


歩くと羊水、出てくる
破水って、こんなに出てくるの?

赤ちゃん大丈夫なんかなぁ?と
不安になりながら
産院に到着。

案の定、羊水が出すぎ言われ
これ以上出ないように、、、処置してもろて
即入院になった。


そのあとは、陣痛も来てないし
なんか、ぼんやり、、、
入院なったはいいけど

いつになったら、出産てなるんやろな?てか、夫婦二人で
待機室で、テレビ見て、なんやら食べたりして、過ごしてた

明日の朝くらいに陣痛はじまるかなぁ???と、先生から言われ

夕飯後に旦那さんは帰って行った


こちらも、そか、じゃ、まだ、今晩は、ゆっくりして

明日の朝、、、陣痛つきだしたら、麻酔やろな、、、と、ぼんやり思いながら、

今回は、無痛分娩だもんね
余裕、余裕、、、と
高をくくって、まったりしていた


、、、が、、、
しかし、ここで、余裕、余裕!!
に、ならないのが
わたくしでありましたっ(>_<)


テレビ見ていたんだけど
いつの間にか少し寝ていたようだった、、、


『い、、、痛い!痛たたた』
と、声が出る

うん?

なんだ、この痛み
痛みで目が覚めた、、、

この痛みは陣痛や!

あれ???
やんわりした痛みどころか
むっちゃくちゃ痛いねんけど

ナースコールで助産師さんを呼んだ


助産師『痛くなってきましたぁ?』

私『痛くなってきたっていうより、めちゃくちゃ痛いです』

助産師『笑~一人目さんやった?あ、ちがうね二人目さんやね~そんな痛み酷いかな?』と、言いながら

子宮の開き具合を診ている様子

そしたら、助産師から
笑顔が消えた

『痛いはずだわ、分娩室いきますよ!!』

私『え???
赤ちゃん大丈夫ですか?なんか、おかしいの?』

助産師『頭が見えてきてる!』

((((*゜▽゜*))))((((*゜▽゜*))))

そりゃ、痛いはずよ、、、
さっきまで、なんともなかったんやけど、、、

頭見えてきてるって
どうして~~っ(^◇^;)

助産師さんに促されて
ベッドから起き上がり、たった
何メートルか先の分娩室に移動って
だけなのに

酷い痛みと動きにくさで冷や汗が溢れでてくる

立ち上がったはいいけど
2、3歩歩いたら

駄目だ、歩けん、、、ってなる

私『ううっっっ、ちょっと、待って』

そしたら、助産師
すごい、必死の形相で
『駄目!!がんばりましょう!ここで赤ちゃん出てきたら大変やから!!』

((((*゜▽゜*))))
わわわっ、あぁ、はい!!
はいっっ(^◇^;)

腕を掴まれ、半分、引きずられるようにして、分娩室へ、、、

分娩台に上がって
わたし、ハタっと、思い出した

『あの、、、無痛分娩は?どうなりますか?』

助産師『、、、無痛分娩、、、あ、そか、無痛希望の方ね、、、うーん、いきむの我慢できる?我慢できるなら、麻酔します?』





もう、頭見えてるんやんね、、、
いきむの我慢は、、、もう、無理やわな、、、

せやし、もう、今更
麻酔て

もう、うめき声が勝手に出るくらい痛いわ、、、笑

今更やった
アホな発言だったと思いながら

私『いいです、いいです、はよ、産みたい』

そうよね!!と、助産師も首を何度も縦にふりながら

着々と出産準備、、、

しかし、あぁ、もう、駄目だ、、、
生まれちゃう
思ってたら、ブリン~~って

頭でて(生々しくてすみません)

助産師『あら!!あらあらあら!』

ものの、何分かで
次男くん、ご誕生!!

助産師『男の子ね!まぁ、勢いのいい子やわ!笑笑 あぁ、おめでとうございます!!』

笑笑

あぁ、なに、この展開の早さ
ついて、行けてなかった

なんや、ワタワタしてたら
次男、出た。

その後、先生がかけつけ

『あれ!!もう生まれたの!』と
驚嘆の声をあげ

『とにかく、おめでとうさん』と
握手され、、、

助産師さんが、綺麗に整えた
次男を連れて戻ってきて

わたしの胸元に次男を乗っけた
カンガルーケア言うらしい

しばらく、赤ちゃんと肌と肌を合わせて過ごす

これを、するしないで
赤ちゃんの免疫力にすら関わりがあるゆうから、侮れん

瞬く間に
生まれ出てきた次男の鼻頭をつつきながら

『ビックリした、、、』と苦笑する

お産の後片付けをしていた
助産師さんが、ハッとして

『あ、そうだ、普通だと、無痛分娩の方は、これ見ながら、出産しはるんですよ~、、、せっかくだから、今、見ときはる?』

と言って、天井から吊された
モニターらしきもののスイッチを入れた

そこへ、映し出されたのは

大海原を緩やかに
泳ぐイルカの姿、、、

波のザパ~~~ンという音の合間に流れるrelaxationミュージックとイルカの『ピャー』って鳴き声が分娩室に響く

やり損なった無痛分娩、、、
きっと、予定どおりなら

イルカちゃんを眺めながら
ゆったりとお産したのだろう、、、

それが、なんと、この怒濤の展開
、、、笑。泣。、、、

(´`:)

ま、いいか、、、笑
なんにせよ、無事に生まれてくれた
なにより、、、


助産師『こんな、お産も珍しいわ、お産て、ほんといろいろ~っ』と、嬉しそうに微笑んでいた

そして、あ!!
急だったから忘れていたわ!と、
私と次男の写真をとってくれた。


日ごろから
いろいろなハプニングや奇行、珍行に、よく遭遇する質だけど

まさか、出産までもか、、、と
苦笑がとまらん 私でした。




その後、自宅で産院からの
電話をとった旦那さんは

てっきり、陣痛がはじまりました!
という連絡だと思ったら

『生まれました!』の一報に

わたし以上に
えーっっ、自分が帰ったあと
たった二時間くらいの間に!!一体なにがあって!!と
驚いたそうです(^◇^;)

おしまい。。。

★★★★★★★

後記

私たちをビックリさせた
サプライズベビーも

今年は中学生になりまして
明るく朗らかに
成長してくれています!

こるから、ますます、彼の成長が楽しみ!

そして、まだまだ、これから
なんども、私たちをビックリ(゚o゚)/させてくれるんでしょう、、、




では、来月もうっとここんなん!でお会いしましょう~!!






うっとここんなん~新連載!笑。
どもどもヾ(´ω`=´ω`)ノゆるんのオカン担当アッキーですん?新連載?はい!!新連載です!乞うご期待でござい・・・全て表示